社員インタビュー
interview

ヘッダー画像

入社のキッカケ

私は、幼い頃から、形は様々ですが自分の作った作品が四角の何かに収まって世に出回ることが夢でした。
その中でも特に長い期間私の憧れだったのは「絵作りの仕事」で、高校卒業後はデザインの専門学校に行っていました。
そこで「好きなもの」を「好きなだけ」描いていました。
ADプランニングには、多くの卒業生の先輩方が就職しているというお話を聞き、専門で習っていた分野とは違う分野の仕事ではありましたし、何より今まで不採用続きだった就職活動に諦めを感じていたところだったので「熱意だけは強く持つけど、ダメ元で…」なんて思いながら面接に挑み……無事採用していただきました。
入社後、憧れの職業につき、今までのように「好きなもの」を「好きなだけ」作れる環境ではなくなりましたが、私の作ったものが四角の紙や、もっと変わった形の何かに収まり、世の中に出回るという、小さい頃からの夢が叶いましたので、その気持ちを忘れず、これからも頑張っていきたいなぁと思います。

仕事のココがおもしろい!

やはり、自分の作ったものが世に出回っているところだと思います。
自分で「ここをこうしたらもっと面白いんじゃないか」と頭を悩ませながら作ったものは、見返していて気分がイイですし、それが褒められたものならなおさらです。
しかし、初稿を作り、そこから先輩やクライアントからの修正がたくさん入ってしまうのが現実です。
そこからより見せ方を良く、よりクライアントの好みに作り直していく作業も、作品作りの一環。それでもめげずに作り上げた広告たち。私の「自信作」です。