社員インタビュー
interview

ヘッダー画像

入社のキッカケ

私は元々アクセサリー等の小物作りが趣味で、友人や家族にプレゼントをして喜んでもらえるのがとても嬉く、いつしか”自分の作ったものでたくさんの人を笑顔にできる”仕事がしたいと思うようになりました。
そんな気持ちをもって就職活動をしていく中、ADプランニングを知りました。元々広告代理店の仕事にそれほど興味があったわけではありませんでしたが、面談の時に過去作品のクオリティの高さに惹かれたことと、業務に対する姿勢を聞いてここで働きたいと思ったことがきっかけです。
面談では広告業についてや紙面をデザインする楽しさ、デザイン職故に残業がつきものだということまでデザイナーとして働くことの大変さもお話していただきました。その大変な面も含めてここなら自分のやりたいことができると感じ、ものづくりに対する思いの丈ををぶつけたことを今でもはっきり覚えています。

仕事のココがおもしろい!

クライアントの要望に答えながら、商材として機能するデザインを考えていくことが面白いところです。
目的によってパチンコ店らしいボリュームのあるものや、ファッション雑誌のようなキレイ系なものまで様々で、ニーズを汲み取りつつ自分のアイディアを盛り込んでいけるところが非常に良いと思います。
そして、作ったものが実際に使用されているのを見た時の達成感がたまらないです。
いつも画面の中でしか見ていない、ポスターが掲示されていたりチラシとなって折り込まれたり、販促物として形になっているのを見た時は本当に嬉しくなります。
制作していく中で失敗しながらも乗り越えた時の達成感がなにより面白いところだと思います。