社員インタビュー
interview

ヘッダー画像

入社のキッカケ

広告業界端くれに身をおいて20年以上、広告界も世の中も変わりました。当時の入稿作業は、写植原稿を製版し、新聞社へ〆切時間までに駆込み入稿。携帯もメールも無い時代、毎日の入稿作業で走らなくて済む日の無い、広告業界では本当の駆け出しデビューでした。今ではテレビCMまでもデータ入稿に対応し、マスメディアに面向く広告代理店の在り方と役割を大きく変えようとしています。

生活者の趣向や考えも変わり、ドッグイヤーとも言われて久しく、益々仕事もスピードが問われる今、変わらなくてはいけないもの、また同時に、変えてはいけないもの。時ならぬ就職活動で感じさせていただいたのがこの会社でした。お忙しい中、面接にお時間をいただき、ご検討ご連絡をいただく日取りを最後にお話いただくのですが、本当にお忙しいところ、きちんとお約束通りにご連絡をいただけました。約束は守る。当たり前のことではありますが、忙中での誠意をもったご連絡にはたいへん感嘆させられ、変えてはいけないものへの気付きを改めていただき、入社への決意を新たにしました。

仕事のココがおもしろい!

世間一般、生活者への影響力が極めて大きな仕事です。自分が関わったテレビ番組や企画が、見ず知らずの人々に話題にされていたり、snsやwebを通じ思わぬ波及効果を実感できたり、マスメディアならではの醍醐味がそこにはあります。それだけ責任も重大で、生放送の本番前など何度経験しても胃の痛む苦しみも味わえます。テレビ番組の場合、スポンサー様に放送制作に関わる様々多大なご負担をお願いすることも多く、いつも頭が下がる思いです。微に入り細に入り、常に相手の立場に立って調整作業を進めさせていただく。お得意先様と作り上げるタイアップ作業になりますので、ご評価をいただいた時の喜びも格別です。

私のミッション

これまでのキャリアを120%以上活かし、先ずは斥候としてマスメディアを基軸とした新規得意先の獲得、レギュラースポンサー開拓となります。案にマスメディアをプロモートすることに留まらず、施策のフックとして重要ではありますが、お客様のご事情に応じたメディアニュートラルな姿勢も大切で、様々な課題の最適解を求め、企画の上流工程、風上を目指していくことにあります。ソリューションとしては弊社得意の印刷、SP制作、デザイン案件。自己のキャリアであるマス媒体タイアップから、異業同業でのシナジー案件やクライアントベースのシステム開発まで裾野も広く、仕事のアドバリューをお得意先様と一緒に上げていくことがミッションです。