社員インタビュー
interview

ヘッダー画像

入社のキッカケ

前職は訪問販売の営業をしていました。訪問販売の営業はとにかく新規が必要で、毎日毎日自分の足で歩いてお客さんに買ってもらう。こっちは「売って終わりの営業」でした。もちろん個人を対象とした営業でしたが、特に前職の「売って終わりの営業」というところに疑問を抱いていました。そこで「契約した後もお客様とお付き合いをしていきたい」と思いこの会社の面接を受けました。その面接で「契約を取ることも簡単なことではないが、契約を取ってからが本当の仕事だ」という言葉を聞き、前職では契約がゴールでしたが、この会社では契約はただのスタート地点に過ぎない。このスタート地点から先があるということが、まさに自分が思い描いていた「契約した後もお客様とお付き合いをしていく」と感じ、この会社に入ることを強く望みました。

仕事のココがおもしろい!

営業なので、新規の契約が決まった時は凄く嬉しいですし、達成感や充実感で一杯になります。
また、自分は「契約した後もお客様とお付き合いをしていきたい」という考えからお客様との付き合いの中で、「坂口君、今度おいしいラーメン食べに行こうよ。」や、遠方のお客様からは「坂口さん早く来てくださいよ。是非一緒に飲みましょう。」なんてお声がけ頂いた時は凄く嬉しく思いました。極め付きはお客様から「僕はADプランニングさんじゃなくて、坂口さんにお願いしてるんですよ。」と言われた時、正直会社には悪いと思いましたが「勝ったな」と思った瞬間でした(笑)
日々の仕事や業務は厳しいものばかりですが、入社当時上司から「今は苦しくても先の楽しみを想像しながら仕事をしろ」。中々結果が出せなく暗くなっていた時、「楽しくするのも、つまらなくするのも、自分次第だぞ」という言葉をかけて頂きました。あきらめそうな時、上司の言葉を思い出して仕事をこなしてきました。結果自分次第で楽しく仕事が出来ています。お客様からお声掛け頂くことで今自分がやっている事は決して間違いじゃないんだと感じています。