社員インタビュー
interview

ヘッダー画像

入社のキカッケ

前職は全くデザインに関係性がない製造部でしたが、もう1つの夢がデザイナーでした。
突然、会社の不都合で新たな道に進む事になり、夢だったデザイナーになってみせると周囲に
意気込みを話し、反対を押し切ってでもデザイナー学校へ入学しました。
たくさんの人に出会い、デザインについて学び、パチンコ・パチスロが大好きだったのでCGや映像をメインに
勉強している時、小冊子の作成に役立つDTPという授業を勧められ、レイアウトなど基礎を学びながら
ポスター等を制作していました。しばらくして、この授業が仕事になったら楽しいだろうなっと思っていた時、
求人で御社を見つけ、進路相談で先輩が働いていると聞き、面接を受ける事に決意し、緊張しながらも実地研修しました。
実地研修中、優しく丁寧に教えて頂き、さらにここで働きたいと感じました。

仕事のココがおもしろい!

前職はマニュアル通りに同じ作業の繰り返しで、クライアントとは全く接点のない隔離させた職場でした。
しかしデザイナー業界はマニュアルはなく、常に考え提案し続ける日々で、一日一日が全く違う仕事を行い、
常に明日の仕事は何だろう?と考えたり、わくわくする事が多く楽しく制作し、1日を過ごしています。
上手く行く時もあればダメダメな時もありますが、クライアントの要望に答え、緊張しながら制作した横断幕や
今ではスケジュール表などが実際に、地元などに装飾されていたり、掲示されていると聞いて
休日に急いで見に行き、出来上がった物を見た時とても嬉しくなります。